EXCELでデータを抽出することは、通常のEXCELでもオートフィルタ機能で簡単にデータを抽出させる事が出来ますが、VBAを使ってオートフィルタを使う場合は、プログラムに組み込む事ができるので、ある処理結果を条件にすることにより、抽出するデータを表示する事も出来ます。 EXCEL VBAメモ。 結論から、 エクセルの集計機能(ピボットテーブル作成、フィルター)を使うのが一番速い。 一行毎に、判定していくのは対象件数が1000件くらいなら(duo2)良いが、万~数十万単位になると、明らかに遅くなっていく。 VBAでExcelのVLOOKUP関数のように検索する際、大量のデータを処理をすると実行時間がかかってしまう場合があります。実行時間が速くなるVBAの記述をサンプルコードとともに紹介しています。VBAを記述するときにご参考 エクセルマクロで大量データを処理すると、マクロの処理が遅かったり、重くなってしまったりします。 たとえば、1000行を超えるデータを扱うとなると、処理に10分以上かかってしまうこともあります。 この記事では、エクセルマクロのプログラムを高速で処理する方法を紹介します。 同じ条件で探し続けなくていいから特定の値だけ探す、そうvlookup関数を使わずexcel-vbaでできないかな? 使い方覚えると応用範囲が広がります。 お時間があれば、vlookup関数の代わりにエクセルvbaでやる方法もご覧くださいませ。 はじめに Excel VBA マクロのセルを複数条件で検索する方法を紹介します。 セルの範囲をループして複数条件で検索できます。 セルを検索するには「セルを検索する」をご覧ください。 セルを取得するには「セルや範囲を取得する」をご覧ください。 高速 複数条件 繰り返し 検索 回避 あるのに Excel VBAでの選択の使用を避ける方法 ColumnにCell値が存在するかどうかを確認し、NEXT Cellの値を取得します。 エクセルマクロで大量データを処理すると、マクロの処理が遅かったり、重くなってしまったりします。 たとえば、1000行を超えるデータを扱うとなると、処理に10分以上かかってしまうこともあります。 この記事では、エクセルマクロのプログラムを高速で処理する方法を紹介します。 簡単に高速化出来るコードあったよな~。マクロ作っているとたまに忘れることありますよね)笑 コード忘れちゃったからコードだけ知りたい!そんなアナタと私のための高速化できるコードを紹介していきます。 忘れた時にどうぞ! 複数行を高速で削除するvbaコードを紹介します! 表の中に不要な行がたくさんある・・・一つ一つ削除するのは面倒だ!確かに、手作業で消すと時間かかりますよね。 これ、どうぞ。コピペして使ってください。メッチャ速く削除できますよ。 Findメソッドって使っていますか? Excelのシート上であるデータを含むセルを検索したい場合ってありますよね?そんな場合にFindメソッドを使用します。 この記事では、Findメソッドについて Findメソッドとは Findメソッドの使い方 FindNextで複数一致 FindPreviousで逆順で複数一致 Excelに対して手動操作でやることを、そのまま速く実行することがマクロではありません。マクロとは、みなさんがExcelに指示・命令をすることです。そのためにVBAというマクロ言語が実装されているんです。くれぐれも「手動操作の高速化 乗り換え検索をより素早くできるように改良した以前複数の電車での移動時間を自動で調べるExcelVBAを作成しましたが、私の会社のPCでうまく動かなかった(多分プロキシサーバーを介していて、しかもそのサーバーの調子が悪いことが原因と思いま … マクロvbaが遅い・重いという相談が非常に多いので、遅い・重いマクロvbaを高速化・速度対策する場合の具体的な手順をここに解説・検証します。マクロvbaの速度に関する記事は既にいくつか書いています。特に、以下はぜひお読みください。