オープンするファイルは“C:\CLANG”フォルダに保存した“TEST36a.txt”とします。その内容はリスト1のとおりです。 ファイルからは1文字ずつ読み込み、その都度1文字ずつputchar関数で標準出力へ送り出す … ストリームから文字列を1行ずつ読み込むには、fgets()関数を使用します。 ファイルの文字列を1行ずつ読み込む際などに使用します。 以下は、fgets()関数についてです。 1-2. C言語,fgets()関数でファイルから文字列を1行ずつ読み込む. C言語 CSVファイルの読み込み - stdio.h - [ fscanf ] ⇒ レバ (09/04) C言語 CSVファイルの読み込み - stdio.h - [ fscanf ] ⇒ akei (08/02) C言語 システム時刻の取得 - time.h - [ time ] ⇒ 名を成す事すら出来ない程度の人 (05/18) C言語 CSVファイルの読み込み - stdio.h - [ fscanf ] この様な場合、ファイルにデータを保存するのが普通です。 ファイルとして保存されたデータは、ディスク上に保存されるので、 消えることはなく、コピーや再編集が容易です。 ここでは、c言語でファイルを読み書きする方法を説明します。

説明. 1行読み込んだ後に再度この関数を実行すると、ファイルポインタは前回実行した際に終わった改行部分の次に設定されています。よって再度この関数を実行すると前回の関数で読みこんだ行の次の位置から読み込みを開始します。 C言語では改行コードの扱いは \n で表されますが、 windowsでは、 \r\n で表されます。 もしテキストモード(bをつけずに)で読み込んだ場合は、このwindowsの\r\nの改行コードを C言語で扱えるように自動的に\nに変換して読み込んでくれます。 C言語のファイル処理についての解説。ファイル読み込みと書き込みについての記事。サンプルコードあり。fopen,fclose,fprintfの使い方まとめ。入出力の処理もこれで完璧。 簡単ですが、以下、説明をします。 (1) 変数の設定 (サンプルコード8行目~10行目) ファイル構造体(FILE *fp)、ファイル名(const char *fname)、ファイル読み取り用のint型変数(int c)の3つの設定は、ファイルの読み取りの際の一般的なものです。

scanf関数のファイル・ポインタ版。ファイル・ポインタから指定した書式に従って1行(\nまで)読み込み、書式に対応する各変数にデータを格納する。1行読み込んだら、ファイル・ポインタを次の行の先頭 …