AirPods Pro には、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、オフの 3 つのノイズコントロールモードがあります。周囲の音をどの程度聞き取りたいかに応じて、モードを切り替えること … AirPods ProはWindowsパソコンともペアリングができます。 iPhoneとペアリングするときは、ほぼAirPodsを開くだけでカンタンに設定完了したので、「そういえばWindowsとはペアリングできないの?」と思う人もいるかも知れませんが、普通にペアリングできます。 Appleの「AirPods」は一般的なBluetoothヘッドホン・イヤホンとは異なり、音量や音楽を操作するリモコンボタンがありません。 そのかわり、さまざまな操作をSiriで行うことができます。 AirPodsをダブルタップ(指でトントンと2回叩く)すると、Siriを呼び出せます(デフォルトの設定時)。 AirPodsもAirPods Proも、単体で音量調整するには「ヘイSiri、音量を下げて」と口に出して言わないといけません。 今回感圧センサー採用によって左右のイヤホンのセンサーで操作が被るので、せめて片耳の操作に割り振れるようオプションが欲しかったところ。 AirPodsにはボタンがありません。音量調整はどうすればいいのでしょうまたiPhone以外のオーディオ機器で大音量で困ることがあるようです。 AirPodsを耳につけたまま言葉を言えば操作できます! 具体的には 「音量上げて」 というと、ボリュームを1つ上げてくれます。 「音量下げて」 というと、反対にボリュームを1つ下げてくれます。 けど、1つずつの調整は面倒ですよね。 AirPods Proのノイズキャンセリングをオン⇔オフ⇔外部音取り込みモードに切り替える方法です。2019年10月に登場したAppleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」AirPods Proの大きな特徴の1つに「アクティブ AirPods Proを買ってみたものの操作方法が全然わからないので、調べながらまとめていきたいと思います。 AirPods Proは、一見するとスイッチも何もないシンプル設計なので、操作方法が皆目見当がつきません。適当にポンポンとダブルタップとかしてみたんですがダメでした。