フレーム自体の長さが4Fなので、完全に重なってしまいました。 以上、教則本 Adobe After Effectsトレーニングブックにあった解説を、自分用にやさしーーーーく噛み砕いて書き直しました。 あまりにも初心者向けすぎるぞ!と思われたらゴメンナサイ。 AE標準のウィグラーに似ていますが、 ウィグラーはキーフレーム制御なので、 後から値を変更したいときに不便です. アフターエフェクトの最も基本的な文字アニメーションで、文字を一文字ずつ出現させる方法があります。文字アニメーションはプリセットで設定しても構いませんが、基本的なテクニックを理解しておけば、プリセットからカスタマイズすることもできるようになります。 After Effectsのショートカットは便利ですが、たくさん合って全部は覚えられないと思います。 ですが、今回紹介するものだけでも格段に作業スピードが上がるので是非使ってみてください。 「フレームサイズに合わせてスケール」の後、177.6%指定 クリックで拡大 こちらは「1080p→480p」という処理なしで1.776倍するだけなので、出力画像はそれなりにシャープだ。 結論 2.1 プロパティの値を動かす「wiggle」 2.2 時間経過とともに値を変化させる「time*」 2.3 キーフレーム動作をループさせる「loopOut」 3 まとめ random(0,100) と記載 アフターエフェクトのショートカットと編集から出力まで解説 学べる基本的な操作方法 アフターエフェクトって触る度に、操作方法忘れませんか? 私は起動するたびに記憶がリセットしている状態です!(酷い 以前ノートに操作方法をまとめたりしましたが、それも無くしました…

不透明度にエクスプレッションで. ただし、残念ながら「クイック書き出し」にはショートカットキーがデフォルトで振られていません。 なのでぜひショートカット設定して使ってみてください。 1.2 ショートカットキーで適用; 1.3 ストップウォッチを使う; 2 これだけは抑えたいエクスプレッション3つ. クイック書き出しのショートカットキー.