そして、テロップを出すときに効果音を付けて、より効果的にテロップを使っているのもポイントです。このようにテロップを使いこなせるようになると動画の品質がグッと上がりますので、ぜひテロップにもこだわってみましょう。 動画に入れる字幕(テロップ)の作り方と編集のコツ 最終更新日:2018/03/15 YouTubeテクニック 動画編集の際、映像内に文字を入れるケースも多いかと思いますが、文字の種類や見た目で映像の印象は大き … 持手袋の使い方を動画にしようと思ったら、なんと前回使用したYouTtube動画エディタが9月に廃止になっていた!Σ( ̄  ̄;)しばらくヤル気を無くしましたが、Webサポ(仮)の解説動画を見て心機一転。今度はlightworksという無料動画ソフトを使って、動画編集をしました。 YouTube のオーディオ ライブラリまたはデバイスに保存された音楽を、音楽トラックとして動画に追加できます。 オーディオ ライブラリ: 無料の音楽を YouTube ミュージック ライブラリから追加でき 動画作成を行う上で、編集は必要不可欠な作業の一つです。特に、字幕(テロップ)の適用は基本的な編集機能なので、手順および方法をマスターしておきたいという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、pcで動画に字幕(テロップ)を入れる方法について紹介します。 Youtubeに動画投稿する際に、テロップを入れた編集をやっていました。 Youtube向けには、テレビ番組とは異なる注意点があるように思います。 今回は動画編集時に入れるテロップについて気を付けることをまとめてみました。 YouTube動画の中やサムネイル画像に文字入れをしていますか? 文字入れ=字幕やテロップを入れることで臨場感を高めて動画としての面白さをレベルアップさせることができ、サムネイルではアイキャッチとしてクリック率を左右する大きな役割を果たします。 スポンサードリンク YouTube動画エディタを使って、アップロードした動画に字幕テロップを表示させる方法について解説している動画です。 レビュー★★★☆☆ 《ここがオススメ》 YouTube動画エディタの機能として、ど・・・ YouTubeが提供している曲や、著作権フリー(YouTubeでの使用が許可されているもの)の楽曲などを探して使うようにしましょう。 7.チェックする ある程度動画が仕上がってきたら、繰り返し視聴して修正点を探していきます。