案の定グループポリシーの設定あるじゃないのぉぉぉということでやっていくであります。 【元記事1】:Windows 10 の WSUS クライアントが Windows Update から更新プログラムを取得するようになってしまう事象について まずは1台目のPCをテンプレートとして設定します。 ファイル名を指定して実行 ↓ gpedit.msc. を、WSUSサーバー(windows server 2008 R2)のクライアントとして登録させようとしました。 GPOもしくはレジストリで、Windows Server 2016にはWSUSサーバーを向いてWindows Updateを有効にする設定を入れています。 です。 次にWSUSポリシーの設定を行っていきます。 WSUSサーバーのIPだとか、 前回、Windows10への移行で課題となる半年ごとのアップデートの概要と、円滑に進めるためのツールをご紹介しました。 今回は、WSUSやIT資産管理ツールを使うことでWindows10のアップデート管理がいかに便利になるのか、ご紹介します。 WSUSを準備しただけでは、クライアントコンピュータはWSUSを見てくれません。Windows UpdateがWSUSを参照するように、グループポリシーを変更します。手持ちの環境がドメイン環境なので、ドメインのグループポリシーを変更してみます。(1)グループポリシー(gpmc.msc)の管理を開き、変更 … 外出先の WSUS クライアントに Windows 10 の罠あり? Windows Server Update Services (WSUS) のクライアントとして構成された Windows 10 コンピューターが、WSUS サーバーにアクセスできない環境にある場合、Windows Update の実行に注意が必要になることがあるかもしれません。 Win10 Homeを購入し、アップデートの取得先を組織のWSUSサーバに変更しようとしています。 方法としては、レジストリを編集しております。 Win10 ProやWin7以前は問題なかったのですが、 Win10 Homeだとレジストリを編集しても有効になりません。 色々とナレッジを見ると、Windows 10 Homeの … おっと、既にWSUSサーバーは立っているものとして進めますね。 クライアントへの展開手順. 以上が、WSUSクライアントを構成する上での必須設定項目になります。グループポリシーの[Windows Update]カテゴリには、他にも更新プログラムの適用に関連したさまざまな設定項目がありますので、環境や要件に応じて追加構成するのもよいでしょう。