下記はテキストを取得設定する例です。VBの例' フォームロード時の処理Private Sub Form1_Load(ByVal sender As Sys. テキストボックスに文字列を入力し、[Exec]ボタンをクリックします。 下部のエリアに入力したテキストが表示されました。テキストボックスの値が取得できていることがわかります。 補足:id,nameが混在する場合 id, nameが混在した場合でも動作します。 コンボボックスの項目が選択されている場合、 7: SelectedIndexプロパティでインデックス番号、SelectedItemプロパティで項目名を取得し、ラベルに表示。※インデックス番号は「0」からはじまるため、コンボボックスの上からの順番を取得するには「+1」します。 数字だけを受け入れるテキストボックスを作るにはどうすればいいですか? Visual Basic 中学校 > VB6 初級講座 > 第9回 テキストボックス ラベル. C# や VB.NET の 便利な Tips を紹介します ... 下記はテキストボックスを使用する例です。 テキストボックスコントロールに入力された値は、Value プロパティを参照することで取得できます。 値は、すべて文字列で格納されます。取得した入力値は、変数やセルに転送して式で使用できます。 次のコードは、テキストボックスに数値以外が入力された場合、更新を取り消すものです。 サンプル2 Private Sub テキスト2_BeforeUpdate(Cancel As Integer) If IsNumeric(テキスト2.Text) = False Then MsgBox "数値を入力してください" Cancel = True End If End Sub ユーザーフォーム上のテキストボックスに入力されている値を取得する方法をご説明します。 テキストボックスはユーザーに値を入力してもらう、もしくは表示するために使用するコントロールです。 そのため、入力する値を取得する処理が必要になることがあります。 今回はコントロール編の2回目で、テキストボックスとラベルの使い方を説明します。 このコントロールは主に文字を表示したり入力するときに使います。 1.文字を表示する c# - 範囲 - vb テキストボックス 取得 Winforms Textbox-Ctrl-Backspaceを使用して全体の単語を削除する (8) 数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法 どうも、takaです、今回は数値だけが入力できるTextBoxを作成する方法をご紹介します。 用意するフォーム 今回はTextBoxを一つだけ用意する簡単なフォームで実践していきましょう。 TextBox1 だけです。 数値だけ入力するようにするコード 3.テキストボックスの指定行のデータを取得する Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _ ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click Dim txtLine() As String 'テキストボックスのデータをを行毎に配列に確保 txtLine = TextBox1.Lines VB.NET 全般 ' テキストの文字数を取得する Dim iLength As Integer = Me.TextBox1.TextLength ' こちらでも可能 'Dim iLength As Integer = Me.TextBox1.Text.Length ' 取得したテキストの文字数を表示する MessageBox.Show(iLength.ToString()) c# - vb テキスト ボックス 数値 取得 . オリジナルの入力フォームを作ることができるユーザーフォーム。配置したテキストボックスの初期値を設定したら、入力後必ず初期値に戻るようにできたら手間が省けるので仕事の作業効率化になり便利です。ぜひマネして取り入れてみてはいかがですか?