インクジェットプリンターには『寿命』があります。 目安は、ズバリ「1万枚」。 プリンターを新しく購入してから、累計でざっと1万枚の印刷を行うと「ヘッド」と呼ばれるインクの吹き出し口が消耗し、きれいな印刷ができなくなると言われています。 互換インクを使うとプリンターが壊れるというのは本当でしょうか? 「純正インクは高いから、価格の安い互換インクを使いたいけど、故障が心配」という人は少なくないようです。 hp インクジェットプリンターラインアップ 製品画像をクリックすると製品詳細をご覧いただけます。 ※1 プリント速度はISO/IEC 24734に準じて測定されています。 プリンターの各メーカーのHPを見ると、この解決方法を説明しています。 インク ホルダーがプリンター内で詰まっている可能性があります。 以下の手順に従って、インク ホルダーがスムーズに動くことを確認します。 電源コードと USB ケーブルをプリンターの背面から取り外 … 故障率はほぼ0%? 実は低い互換インクの故障リスクについて. ヘッドクリーニング. 私のプリンターは、brotherのインクジェットプリンターになるのですが、canonやEPSONのプリンターなどでも基本的に同じです。 順番に見て行きましょう。 1. メーカー純正のインクを使用しないと壊れやすいという噂を良く耳にします。そこで今回はプリンターの互換インクと純正インクについて、故障やリスク、メリットなどを比較して行きたいと思います。 互換インクだと故障しやすいというのは本当?