事故や災害に遭ってしまい、車を修理に出すときに欠かせない車両保険。しかし保険を使うと等級ダウンし更新時の保険料が上がる(割引率が下がる)ことも。今回は車の修理時にいかに上手に保険を活用するか、そのコツをお伝えします。 先日旦那が車同士の接触事故(交通事故)を起こした。幸いにもケガをした人はいなかったが、警察を呼んで現場検証をし、その後保険会社に連絡して保証を受けて車の修理をすることに。その流れを紹介する。≪目次≫1、事故の内容2、事故後の流れ 大切な愛車にイタズラや落書きをされてしまったら自動車保険の車両保険を利用して修理する事が出来ます。しかし、車両保険を利用すると等級がダウンしてしまうので注意点をしっかり押さえて利用するようにしましょう。 事故を起こしてしまってから保険金支払いまでの流れについてまとめました。事故を起こした後は気が動転したり、様々な連絡で忙しかったりしますので、事故を起こさないのが一番ではありますができれば事前に目を通しておくとよいでしょう。 先日事故に巻き込まれて相手に相手の保険会社から保険金をもらった。事故とその後の流れについて紹介する。≪目次≫1.事故の内容2.調査3.保険会社から電話4.見積もり5.直さなくて現金をもらうことは可能か6.保険会社からの振込 お客さまが保険金を請求する場合には、保険金請求書等の書類を当社からお客さまにお送りいたしますので、必要事項をご記入の上、ご返送ください。なお、車両事故、対物事故については、保険金請求書を提出していただかない場合もあります。 いたずら被害で車両保険がおりるまでの流れについて教えてくださいいたずらに遭い、なかなか保険が下りなかったのですが、調査会社との3度の面談で保険が支払われることとなりました。そこで保険金が支払われるまでの流れを教えてくださ


一般的に車両保険の申請は、修理工場に修理代金の見積もりを取り、見積書を保険会社に提出(保険会社と修理工場間でやりとり)し、金額が妥当だと認められれば損害額が確定して保険金を受け取る、という流れになります。 トータルアシスト自動車保険の車両保険について紹介します。東京海上日動のトータルアシスト自動車保険は万が一の事故や故障のときに、しっかりと補償・サービスを提供できる総合自動車保険です。東京海上日動は、みなさまの「安心と安全」のために最適な保険商品を提供いたします。