実は大葉(青しそ)は赤しそと自然交配することが多く、大葉だと思って育てていたらいつの間にか交配していたということがあります。 この葉も食べられますが、大葉よりも葉がゴワゴワしていて固いので薬味などとして生で食べるには向きません。 材料 ・赤紫蘇200g ・塩(下漬け用)40g …赤紫蘇の20%程度 ・5%の塩を加えた酢 適量 …赤紫蘇が浸かる位 作り方 1.赤紫蘇の葉をちぎってよく洗う。 2.保存容器に赤紫蘇と塩(下漬け用)を入れて、ひたひたになる位まで水を加えて、 赤しそは葉を摘み、よく水洗いする。 大きめの鍋に水を沸騰させ、赤しそを入れる。一度に入りきらない場合は、数回に分けて菜箸で押し入れる。 再度沸騰したら、中火で15分ほど煮出す。 栄養豊富で香り高いことから日本のハーブとして知られるしそ。そのなかでも「赤しそ」は6月から7月までしか出回らない貴重な品種として有名です。そんなレアな赤しそを余さず上手に調理するお役立ちレシピや、おすすめの人気レシピ12選をご紹介します。


この記事では、道端や道路脇、街路樹などで見かける「赤い実のなる木」についてご紹介しています。美味しく食べられる果実や、実は有毒で危険な果実などを全部で17種類解説しています。身近にある赤い実のなる木の正体がわからない方は是非参考にしてみてください。 今年、赤しそを植えましたが、あまり赤くなりません。今年植えたので、緑のしそと混じることもないかと思います。どうしてあまり赤くならないのでしょうか。肥料をたくさん入れるといいのでしょうか。太陽光の問題ではないでしょうか?う

しそは、中国南部が原産で日本でも平安時代以前から栽培されていました。 私たちの食文化に欠かせないハーブです。 もともとは、薬効が高い赤しそが主で、青じそはその変種と考えられています。