1-6債務や葬式費用についての添付書類; 2. 相続税申告時の添付書類についてのよくあるq&a.

相続税慣れされていないご家庭には寝耳に水かもしれませんが、実は相続税の申告書を提出すると、税務署がそこに記載されている銀行などの金融機関に対し、過去数年分の口座のお金の出入りを照会します。 q 住宅を購入した場合の確定申告で贈与税、相続時精算課税の申告に必要な添付書類を教えてください。 また、実際に税務署で申告手続きをする際、贈与された金額がいくらなのか、通帳などで確認を受けるのでしょうか? q.税務署へ提出する書類は全て原本提出が必要ですか? q.預金通帳のコピー等、税務署に見せたくない書類は提出しなくてもいいですか?

相続税の計算では、相続税申告書に色々な資料を添付することになります。※概要は相続税申告書の作り方についてをご覧ください。相続税では、原則として、「相続開始日現在の遺産残高×相続税の税率」という計算で、相続税が計算されますので、相続開始日(=

110万をあえて超させる111万や120万の生前贈与は、税務署に対して「私は申告もして税金も払って、ちゃんとした形でお金を受け取っていますよー」とアピールするために行います。ただこれが裏目にでるケースが非常に多いんです!その理由を解説しました。 1.親族の通帳までが相続税の調査対象に.