我が家の今はなき愛猫は、慢性腎不全でずっと動物病院へ通院していました。猫には慢性腎不全が多いという話は有名ですが、実際に自分の家の猫が腎不全にかかると、まさかうちの子が?!ビックリする方も多いのではないでしょうか。今回は、猫の腎臓病の治療に 腎不全猫の通院・看護生活で役に立ったグッズ (※2013年10月6日 重曹を追加しました→最下部) ちょっと体調悪いかな…?なんて心配されたのもつかの間、あっと言う間に腎不全の診断。 パピとマミは … 急性腎不全 急性腎不全とは? 腎臓の機能が突然、正常に動かなくなる事。慢性腎不全では数か月~数年かけて腎機能が低下していきますが、急性腎不全は進行がとても早く、1日で急速に腎機能が低下するので症状も突然現れます。 数値が急激に悪化したのは亡くなる3ヶ月前 2007年ころから巨大結腸症になった先代猫; 慢性腎不全が進行し、通院での皮下輸液から自宅での皮下輸液に切り替え; 猫が亡くなる前に実際に起こった猫の変化. 愛猫は16歳で腎不全で亡くなりました。通院を頻繁にしたら長生きしたのでしょうか。 猫が腎不全になると定期的に通院して輸液をするようにすすめられます。これは、腎不全によって起こる脱水症状と尿毒症を緩和させるためです。 腎不全は猫にとってとても発症しやすい病気ですが、気づいたときには末期状態になっていることがよくあります。末期の腎不全になるとどのような症状がみられ、どんな危険があるのでしょうか?残された猫の命の時間に私たち飼い主は何をしてあげればよいのでしょうか? 猫の腎不全の治療には、食事療法をはじめ様々な方法がありますが、通院を繰り返すことや、自宅で点滴をすることも治療するうえで必要な場合もあります。 でも、実際に何度も通院をした場合や、点滴による治療を続けた場合、治療にかかってしまう費用も大変な金額になってしまいます。 愛猫が慢性腎不全になってしまった…。治療を続けるべきか、止めるべきかの判断はどうしたらいいんだろう?という疑問ありませんか。今回はステージ別にその治療方法と治療継続の判断などについて解説 … 先代猫が腎不全で亡くなるまでの状況. 愛猫が慢性腎不全になってしまった…。治療を続けるべきか、止めるべきかの判断はどうしたらいいんだろう?という疑問ありませんか。今回はステージ別にその治療方法と治療継続の判断などについて解説 … 猫は慢性腎不全に1番なりやすいですが発症した時には腎臓の機能がかなり低下しています。また猫の慢性腎不全は完治ができない病気なため早期発見が重要なカギになります。愛猫が長生きできるために何に気をつければいいのでしょうか? 猫の慢性腎不全のブログを時系列で書いてるので、ちょっと記録が前後したり タイムラグがありますが、みぃやさんの治療(通院)は昨日で一旦終了になりました。