申立ができる人は、本人、配偶者、四親等内の親族、成年後見人等、任意後見人、任意後見監督人、成年後見監督人等、区市町村長、検察官です。 区長 … 高齢化社会で介護や痴呆の高齢者その子供の支援をしています。家庭裁判所への成年後見申立の書類や必要書類取り揃えを支援します認定司法書士リーガルサポート会員170-0005東京都豊島区南大塚3-4-2rc3fベルマン法務事務所tel03-3984-2333fax03-3980-1212東京家庭裁判所後見センター 成年後見制度利用支援事業で、後見等開始の審判の申立てに関する費用と成年後見人等に対する報酬の助成を受けるための方法等について説明します。 是非、参考にしてください。 目次成年後見制度とは?成年後見制度利用支援事業とは?市 […]

東京家庭裁判所後見サイトの「報酬付与申立事情説明書」が改訂されました。http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/1612… 東京家庭裁判所本庁 (外部リンク) 申立ができる人. 司 会 東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する特別委員会 委員 奥田 大介 1 開会の挨拶 東京弁護士会 会長 渕上 玲子 2 講演 東京家庭裁判所判事 日景 聡氏 東京家庭裁判所判事補 村井 みわ子氏 東京家庭裁判所判事補 小西 俊輔氏 任意後見制度を利用するには、家庭裁判所に任意後見監督人を選任してもらう必要があります。 この記事では、任意後見監督人の選任手続(候補者には誰がなるか、申立てをする人、申し立てる場所、家庭裁判所の審理)、仕事内容、報酬の目安や相場について、解説します。 請求を受けた家庭裁判所は、「もらえる金額の目途」として、後見人や監督人に報酬額を提示します。 それを基に、被後見人の預貯金から当然にお金をとってしまう後見人や監督人がいますが、それは好ましい手続きではありません。 どんな書類? 成年後見人等として本人の財産から報酬を受け取るための書類です。金額はこの申立書を基に家庭裁判所が決定します。 報酬付与申立書の作り方は? サンプル する。東京家庭裁判所後見センターからお招きし た裁判官と書記官のお話は,弁護士にとって,実 務に極めて役に立つものである。被後見人本人の 権利・利益の擁護を図る成年後見人必読といえる。 (臼井 … 高齢化社会で介護や痴呆の高齢者その子供の支援をしています。家庭裁判所への成年後見申立の書類や必要書類取り揃えを支援します認定司法書士リーガルサポート会員170-0005東京都豊島区南大塚3-4-2rc3fベルマン法務事務所tel03-3984-2333fax03-3980-1212東京家庭裁判所後見センター 報酬は、 本人の財産の中から支出 されます。 通常、成年後見人等は、定期的に(通常1年おきに)家庭裁判所に対して後見事務の報告を行い、それと同時に報酬付与の申立ても行います。(報酬が不要の場合は、報酬付与の申立てを行いません。 成年後見制度の利用で、認知症などで判断能力の衰えた親の財産を守ったり、医療や福祉サービスを利用させたりすることができます。ただし、デメリットもあるため事前知識が重要です。この記事では、始めての人でも納得できる成年後見制度の基礎知識についてご紹介します。