エクセルの日付を自動で入力する方法を紹介します。基準となる日付の 1 日や月末、1 週間後、翌月など様々な日付を求められます。年月から 1 ヵ月分の日付をカレンダーのようにすべて入力できます。 エクセルでは日付のデータをよく取り扱います。日付はスラッシュで区切りますので手入力すると大変ですね。そこで関数などを駆使して、自動で入力する方法をまとめました。月初や月末日、1ヶ月前や1ヶ月後など網羅しております。 Excel(エクセル) VBA関数:日付の関数 このページではExcel VBAの日付に関する関数をまとめて説明しています。 ワークシート関数と同名の関数でも使い方が異なっていたりしますので区別して覚える必要 …

日付データから、年の部分だけ、月の部分だけ、日の部分だけを取り出したい!そんな時はYEAR関数、MONTH関数、DAY関数を使います。使い方はとっても簡単、Excel・エクセル 関数の技! ところが、「日付」の入力方法が結構ややこしいので、if関数で日付の比較をしようとしても、なかなかうまく比較できないケースが多いのです。 そこで、このページでは、エクセルのif関数で日付を比較する際の入力方法をまとめました。 日付を扱う場面で柔軟に活用できる日付関数の定番テクニックを紹介します!日付の独特なルールに惑わされてちょっと敬遠しがちな日付計算もラクラク! date関数、year関数、month関数、day関数の使い方を解説します。

エクセルでは、today(トゥデイ)関数やnow(ナウ)関数を使って、パソコンの時計を利用して日付や時刻を自動的に入力することができます。today関数とnow関数の基本的な書式と機能について紹介しま …

エクセルでは、date(デイト)関数を使って、日付を求めることができます。 エクセルの日付は「シリアル値」という値で管理されています。シリアル値は、1900年1月1日を「1」として、そこから日付が増えるごとにシリアル値も1ずつ増えていきます。