支払手数料の位置づけ・体系(上位概念等) 経費勘定科目(利子割引料) 利子割引料は、事業用資金の支払利息や手形割引などの手数料として使う勘定科目です。 経費勘定科目(貸倒金) 貸倒金は、売掛金や未収金、貸付金などの回収ができなくなったときに使う勘定科目です。 経費勘定科目(雑費) 受取手数料勘定の決算等における位置づけ等 受取手数料の財務諸表における区分表示と表示科目. 支払手数料とは 【 commission fee 】 支払手数料の定義・意味など. 支払手数料とは、手数料と報酬の支払いを処理する費用 勘定をいう。. 支払手数料は法人・個人で使用される勘定科目である。. 突然すみません。バス手配を専門にしてバス会社と観光会社を橋渡しして、バス運賃から弊社の利益を引いた分をバス会社へ支払う形で成り立っている商売をしている会社に就職しました。観光会社からはバス代として10万円頂戴して、バス会社 支払手数料には、銀行の振込手数料、仲介業者への手数料、証明書発行にかかる手数料など、その他さまざまな手数料を支払った時に使用する勘定科目です。 クリーニング代が定期的にかかる場合にも、支払手数料で仕訳します。 今回は受取手数料という勘定科目について考えてみます。 受取手数料ってどんな勘定科目? 取引を仲介することによって得た手数料のことを受取手数料と呼びます 。 簿記の5要素で言えば、受取手数料は 収益 の代表的な勘定科目の1つです。 法人・個人の別 法人・個人. 支払手数料とは、税理士や弁護士への報酬や銀行の振込手数料や送金手数料を経費処理するための勘定科目。個人事業主の税理士や弁護士への報酬は源泉徴収して支払う必要がある。源泉徴収すべき報酬は支払報酬の勘定科目を使い、支払手数料と区別することもある。 損益計算書 > 経常損益の部 > 営業外損益の部 > 営業外収益 > 受取手数料. 受取手数料の会計・簿記・経理上の取り扱い 会計処理方法 期末(決算時)等