"個人事業主の場合、交通費の他、自動販売機でお客様用に買ったジュース代、取引先関連のお葬式の香典など、領収書がない場合でも、支払い内容が明確なら経費として計上することができます。 個人事業主にとって、経費の取り扱いは簡単なようで複雑なもの。しかし健全な経営と節税対策には不可欠です。個人事業主が事業で認められる経費の種類や、経費として認められない出費を、具体的な例で解説します。また、経費をクレジットカードで管理するメリットについても説明します。 個人事業主が確定申告する際に気になるのは、経費をどれだけ計上できるか。上限があるのなら制限いっぱいに経費にして、支払う税金の額を抑えたいと思うものです。でも、そもそも経費にはどんなものが含まれるのでしょうか。それぞれの上限額はあるのでしょうか。
個人事業主は、経費を自分で判断しなくてはなりません。しかし案外経費にできるものとできないものが曖昧で、よくわからないという方もいるのではないでしょうか。 そこで今回の記事では、個人事業主が迷う、経費にできるもの、できないものについてまとめてみました。 個人事業主と開業し、経費として計上する場合、経費にできるものなのか、そうでないものか迷うことも少なくないと思います。各勘定科目で経費にできるものとそうでないものに違いはどこにあるのでしょうか。青色申告の損益計算書に沿ってご紹介します。

衣装代も経費にいれて平気?なにを基準に経費を入れればいいの?微妙なものを経費に入れたいときはどうすればいい?このような疑問にお答えします。微妙な経費は%で計上しましょう! 実は経費でok?個人事業主が経費に計上できる意外なお金10選!|起業や投資のみならず、融資、資金調達、不労所得、M&Aなど独立人必見のお役立ちコラムです。 仕事をするにあたって今やpcを使うのは当たり前です。 私のように目が悪い人にってメガネは必須。 メガネがないと仕事になりません。このメガネ代って経費になるのでしょうか? メガネが無いと仕事にならないのですが・・・ 経費になるならないの判断は?