写真のように、ゴナールエフの針は髪の毛ほどの太さで、長さも5mm程度。 ペンタイプなので、見た目の「注射」感がないですね。 ゴナールエフを投与することで卵巣刺激ホルモンの働きが高まり、排卵を誘発させることが可能です。 また女性だけでなく男性にも投与されることがあります。 実際にゴナールエフを投与した女性では排卵が認められたというデータもあります。 4

このゴナールエフ皮下注用は低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症における精子形成の誘導において厚生労働省より製造承認を取得しました。5月11日より発売をされるそうです。それでは、ランチョンセミナーでのレポートをお送り致します。 ゴナールエフは、自己注射が可能なので、薬剤師さんから注射の方法を教えてもらい、自宅で注射することができます。 *2. ゴナールエフ皮下注ペン900の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。下腹部不快感、吐き気・嘔吐、下痢 [卵巣過剰刺激症候群]。息苦しい、胸が苦しい、ふくらはぎを押すと痛む [血栓塞栓症]。