裏地をつける際の生地の種類としては、 普通のコットン生地 がおすすめです。 オックス シーチング など。 裏地もキルティングにする必要はありません。 むしろ、裏地にキルティングを使うとなると、 キルティングは厚みがあるので、 目次. 1 裏地付き レッスンバッグの作り方 簡単♪.

裏地ありは、キルティング生地より薄いオックス生地などで作ってもレッスンバッグがしっかり丈夫になるのと、裏地なしの場合と違い、裏の縫い目が見えずにきれいに仕上がるという良さがあります。 表地用メインに使う生地 縦23㎝×横42㎝ 2枚 お子様の入園準備や習い事で必需品のレッスンバッグ。 レッスンバッグを手作りする方も多いですよね。 レッスンバッグに裏地をつけると、メリットがたくさんあることはご存じですか? 今回は裏地ありのレッスンバッグのアイデア例と、おすすめの生地や道具をご紹介します。 レッスンバッグの材料と準備. 縦30cm、横39cm(袋口42cm、底幅39cm)、マチ3cmのレッスンバッグの作り方。無地の布を切替に使い、メリハリのあるデザインにしています。裏地付きなので仕上がりも綺麗で、初めての方でも簡単 … 1.1 1.それぞれの生地をカットする; 1.2 2.持ち手を作る; 1.3 3.端から3㎜のところを縫う; 1.4 4.持ち手を表生地に仮縫いする; 1.5 5.表と裏の生地を重ねる; 1.6 6.両端を縫う; 1.7 7.縫った部分を開いて、アイロンで型付けします 今回は裏地付きのレッスンバッグを作るので、表地用の生地にオックス、裏地用の生地にキルティングを使用します。 レッスンバッグの表地になる生地. オックスでレッスンバッグを作成する際は、内布を付けて下さい。それでもかなりくたっとしたバッグになります。しっかりしたバッグにしたい場合は芯地を付けたり、キルトや帆布など他の生地を選んだ方が良いでしょう。