坐骨神経痛の治療法にはさまざまな方法がありますが、ここではその中のひとつ、 薬物療法をご紹介します。 薬物療法では、坐骨神経痛の痛みを和らげることが目的となります。 坐骨神経痛の方は、神経が刺激されているため、冷えに弱く、腰から足の血管が収縮し、筋肉が萎縮しています。 衣類やカイロなどで寒さ対策を行い、入浴や足腰のマッサージで血行を改善し、神経や筋肉をほぐしましょう。 ビリビリ、チクチク、ジンジン、ズキズキ…、おしりから下肢にかけて起こるその痛み、坐骨神経痛かも知れません。坐骨神経痛の原因は様々ですが、特に多いのは腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア。比較的軽症の場合はおしりの筋肉の衰えが原因かも。 坐骨神経痛 • 本来の意味 – さまざまな原因により、坐骨神経が 刺激されることに起因する神経痛。 • 一般的な使われ方 – 下肢の広範囲に痛みがある状態 – ケガや関節の障害がない場合 – 病名でなく単なる症状

どうして症状が起こるの? 「神経痛らしくて、太ももがしびれる」「この腰の痛みは、坐骨神経痛かも…」など、あたかも病名のように私たちは「神経痛」という言葉を使いますね。