「マイナンバーカード」に点字の表記が必要な方は、 を黒く塗りつぶしてください。 右欄のお名前が点字で表記されます。 点字用かなが印字されていない場合は、点字表記ができませんので市区町村へご連 … 新型コロナウイルスの緊急経済対策として国が支給する1人10万円の特別定額給付金。そのオンライン申請が、早い地域では5月1日から始まった。ただオンライン申請にはマイナンバーカードが必須なことから、改めてマイナンバーカードに注目が集まっている。 マイナンバーカード保有者を対象に、25%、最大5,000円相当が付与されるマイナポイント事業。事業の概要や準備するべきことを、総務省の担当者に取材しました。 マイナンバーカードの交付申請から市区町村が交付通知書 ※1 を発送するまで、概ね1か月間 ※2 となっております。 ※1 交付通知書は市区町村がマイナンバーカードの交付の準備ができた旨をお知らせする通知書です。 ※2 交付申請書等に不備がある場合を除きます。 政府はマイナンバーカードの活用策として『在留カードとマイナンバーカードの一体化』をすすめています。早ければ2022年通常国会に出入国管理・難民認定法など関連法の改正案を提出する予定です。何が何でもマイナンバーカードを普及させたい、という政府の強い意志を感じますね。 「2022年度中にほとんどの住民がマイナンバーカード(個人番号カード)を保有することを想定」――。政府が2019年6月4日に公表したマイナンバーカード普及の方針に盛り込んだ冒頭の一文が自治体関係者の間に波紋を広げている。