エクセルのオートフィルタの基本から注意すべきポイント、ちょっとした活用法までを一気にまとめて紹介します。複数列でフィルターをかける方法や、オプション機能の使い方も解説。オートフィルタ機能の内容の確認や整理にご活用下さい! excel(エクセル)の「フィルタオプション」はオートフィルタ機能をより強力にした機能。使いこなすちょっとした作法やコツを詳しく解説します! エクセルのオートフィルタの基本から注意すべきポイント、ちょっとした活用法までを一気にまとめて紹介します。複数列でフィルターをかける方法や、オプション機能の使い方も解説。オートフィルタ機能の内容の確認や整理にご活用下さい! これを普通にやるなら、 オートフィルタのボタンを押す→「テキストフィルター」→「指定の値を含む」 とやるところで、これを一気にショートカットキーにしたものだ。 これにより、オートフィルタの「 を含む」画面が簡単に出てくる。

オートフィルタでよく使う絞り込みといえば、やはり「 を含む」というやり方だろう。 これを普通にやるなら、 オートフィルタのボタンを押す→「テキストフィルター」→「指定の値を含む」 とやるところで、これを一気にショートカットキーにしたものだ。

Q:Excel(エクセル)2007・2010でオートフィルタを設定・解除するショートカットキーを教えてください。 Excel2007や2010ではオートフィルタの設定・解除をショートカットキーで行えるようになりました。 オートフィルタを設定・解除する操作手順 [Ctrl]キー+[Shift]キー+[L

”あぁもう〜、オートフィルタのマウス操作がしんどいんだけど…”エクセル作業中のあるあるですね。ひょっとしたら、それ、ラクな方法があるかもよ…。Excelのオートフィルタは便利で秀逸だけれども仕事をするときに必ず使うと言ってよいエクセル。 Excel2003です。最近めっきり多用しているオートフィルタをマウス操作無しのショートカットキーだけで設定したいのです。Altキー⇒Dキー⇒Fキーでメニューのフィルタまで進めるのですが、オートフィルタが選択(チェックオン)できないのです 「オートフィルオプション」、使いこなしていますか?Excelを使っていると、セルの値や数式を下方向や横方向にコピー(オートフィル)する機会が頻繁に訪れますが、こんな時に役立つのが「オートフィルオプション」です。今回はひさびさに『Excelのキホン』。

フィルタオプションの設定ではオートフィルタでできない詳細な検索が可能になります。 オートフィルタはExcel(エクセル)基本講座:オートフィルタ(データ抽出)で説明しています。 エクセルのオートフィルタの使い方について、画像と共にエクセル初心者向けに解説しています。本記事では、エクセルのオートフィルタについて、知っておくと便利な知識もいくつか紹介している充実の内容です。これであなたもオートフィルタをマスターできます!

Excel(エクセル)では、ショートカットキーでオートフィルを使うことができます。 オートフィルをマウスではなくショートカットキーを使いたい オートフィルのショートカットキーが知りたい今回は、Excel(エクセル)のショートカットキーでオー

オートフィルはマウスを使うことが前提の機能で、キーボードショートカットは存在しません。 類似の結果にするにはAltを押した後、E,I,Sとタイプするアクセスキーを使いますが、前述のようにマウス操作が前提の機能のオートフィルオプションは表示されません。 リボンでフィルターをかけると、2クリックの手順が発生しますが、フィルターのショートカットを覚えると1発でかけられるので便利です。ここではフィルターのかけ方と解除方法、さらにはプルダウンを表示するショートカットをお送りします。 メニューバーからフィルタのボタンをクリック ・ショートカット 「ctl+shift+l」(excel2007以降) または 「alt→d→f→f」(excel2003以前) ※オートフィルタをやめたい ときも、同じショートカットです。 並び替えを行いたいとき ・マウスの場合 皆さん、おはこんばんちは!まおすけです!皆さんよく使われますよね?コレ。そう、エクセルのオートフィルター機能です。でも、いちいち「データ」のタブからオートフィルターwかけるの、めんどくさいですよね。そこで登場するのが今回のショートカット!